読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タロウの手紙(1)

シゲルが昼食を済ませ自席に戻ってくると、机に二つ折りの手紙が置いてあった。タロウからだ。ここ二週間は毎日置いてある。シゲルから返信を出したことはない。エレベーターホールなどで顔をあわせたときに、読んだということだけ軽く伝える程度だ。とくに感想を求められることもない。タロウとしては、壁打ちテニスの壁が欲しいだけなのだろう。しかしこのままでよいのかどうか、シゲルは迷い始めていた。これまでのような肯定も否定もしない態度が、タロウの無内容な手紙を助長しているようにも感じる。事実、タロウの手紙は、初日の倍くらいに長くなっている。この日の手紙は、見るからに最長記録を更新している。よし、今日のこの手紙を区切りにしよう。今回こそちゃんと冷徹に評価し、それを漏れなくタロウに伝えよう。そう決意したタロウは、メモを用意し、手紙に目を落とした。

 

シゲさん

おつかれさまです。今日は5月26日ですね。初夏、という以外に、とくに何てことない日が続いています。毎年、たとえば正月みたいな特別な日に、その1年の中の、何ていうか「本番」みたいな日を想像するんですけど、今日みたいな日は結構本番なんじゃないかなと思います。意味わかりますかね。正月とかって、やっぱり1年の中の「かざり」というか「おまけ」というか、そんな感じしないですか? 人によってはそっちが本番だと言うかもしれませんが、僕の中の本番は5月26日とか6月17日とか11月6日とかです。年末年始にそういう日のことを思って、何ていうか、わくわくとまではいかないし、むしろ気分はちょっと盛り下がったりもするんですけど、なんか楽しみな気持ちにもなるんですよね。テレビ番組の改変期かなんかで、どこのチャンネルも特番ばっかりのとき、通常回が恋しく感じるやつと似ていますね。このたとえならバッチリわかったかと思います。

そういえば、「笑っていいとも」のことって最近考えてますか? 僕は考えてないです。さっきテレビのこと書いてるときにたまたま思い出しただけです。あれ終わるときって、結構「ひとつの時代が終わったな」って思いましたよね。でも、しばらく経つと、時代が動いたような感じはそんなにしないです。というか、僕はいいともってそんな見てなかったんですが、みんなどのくらい見てたんですかね。結構昔から不思議だったんですが、なんであんなお昼のど真ん中にやってる番組がテレビの代表みたいな顔してたんでしょうか。少なくとも学生は見れないですよね。会社員なら食堂のテレビとかで見てるようなイメージも、うっすらとですがあります。でも、実際にこの目でそういう光景を見たことは無い気がします。もしかしたら、僕は身内以外の人が「笑っていいとも」を見てるのを見たことがないかもしれません。それなのに、みんな「笑っていいとも」のことを「いいとも」って呼んでたり、各コーナーのお約束みたいなのに精通してたり、かなり親しんでましたよね。不思議です。みんないつ見てたんでしょうか。

こうやってテレビの話をしていますが、最近はテレビって全然見ないです。最近いつ見ただろうと考えたんですが、たぶん先月ヘルペス関連で行った薬局で見たのが最後だと思います。ミヤネ屋がやっていました。テレビをよく見ていたときにはそれほど気にならなかったですが、宮根さんって、やっぱりなんか"なんか"ですね。はっきりと言葉にはしませんが、"なんか"です。あとテレビって、久々に見ると気になるところが多いですね。あの、ニュースの詳細を説明するときのボードあるじゃないですか。あれで重要な部分をテープみたいなので隠してて、それをペロンってめくっていく進行のスタイルあるじゃないですか。あのとき、ペロンってしたら、その重要な部分の全体が見えるわけですけど、たとえばそれが2行にわたってるとして、2行目まで全部目に入ってくるわけですね。でも、司会の人は1行目から声に出して、棒みたいなのでなぞりながら読んでいって、その間はコメンテーターの人たちは黙って見守るんですね。で、2行目まで読み終わってから、笑うなり呆れるなりの反応を示す。ペロンってめくった瞬間にもう2行目まで絶対見えてるはずなのにですよ。反応を我慢してる時間があるんです。テレビをよく見てたときには気にならなかったんですが、これぞテレビだなって感じがしました。

あと、CMについても改めていろいろ思うところがありますが、それはまた明日にでも書こうと思います。

 

シゲルは読み終わると、右手のメモに目を移した。そこには「特番」「いいとも」「ミヤネ屋」「テレビ」の四つの単語が書かれているのみだった。シゲルは机の隅の小さな棚から、これまでの手紙が全部入ったクリアファイルを取り出し、今日の手紙とメモを差し込んだ。これを持って、今日こそタロウに厳しい講評を下すか、それともこのまま手紙をため込み続けるか。シゲルは、手元のクリアファイルに見つめ、首を少し振った。今は考えるのをやめておこう。決心は、午後の作業後の、疲れ切った頭に任せることにした。

意見が恥ずかしい

意見が恥ずかしい。文章は基本的に恥ずかしいものだが、意見はとくに恥ずかしい。自分の書いたもので、うっかり意見を混ぜてしまうと、のちのちその意見の部分が恥ずかしくて消したくなる。他人の書いたものでも、意見が書かれているとこちらが恥ずかしくなる。

ここでの「意見」は「感想」と区別して使っている。感想はそんなに恥ずかしくない。「意見は恥ずかしい」「感想はそんなに恥ずかしくない」というのは感想だ。主語の問題かもしれない。意見の主語はみんなで、感想の主語は自分だ。「これこれはよくない」「みんなこうしたほうがいい」「みんなこうすべき」というのは意見だ。恥ずかしい。ただ微妙なところで、「これこれは嫌いだ」「みんなこうしたほうがいいと思った」「みんなこうすべきな気がする」というのは感想だ。意味合いはほぼ同じだけど、のちのち恥ずかしくなるかどうかという面では結構な違いがある。

意見は堂々としていて、感想は弱々しい。でも必ずと言っていいほど、意見より感想のほうが正確だ。意見は雑な感じがする。そのへんも、意見の恥ずかしさに関係ありそうだ。まあ、だからといって、意見はよくないという意見は言えない。のちのち恥ずかしくならないためには、意見は恥ずかしい、までしか言えない。

頭の中で流れていたスピッツに夢中で記憶が曖昧な1日

頭の中で流れていたスピッツの曲に夢中で記憶が曖昧な1日だった。

主に流れていたのはアルバム『醒めない』に入っている「ヒビスクス」という曲。スピッツの曲を<爽やか>と<間抜け>と<悩ましげ>に分けると、<悩ましげ>の区分に入る曲だ。僕はこの「ヒビスクス」という曲が大好きで大好きで仕方ないのだけど、こういう悩ましげで切ない雰囲気の曲が大好きだというのは、わりと恥ずかしく感じるところがある。この曲が好きなんだよと言って友達と一緒に聴くと、ちょっと変な感じになるのは間違いない。でも、この曲をもっとたくさんの人に聴いてもらいたいという気持ちは強い。テレビCMで使われていたので、耳にした人は意外と多いかもしれないが、絶対にフルで聴いてもらいたい。Aメロ→Bメロ→サビの繋ぎっぷりの見事さを感じてもらいたい。というか、イントロから1音も漏らさず聴いてもらいたい。

これは「ヒビスクス」に限ったことではない。たしか、何年か前の紅白歌合戦で、Perfumeが「ポリリズム」を披露したとき、僕が一番好きな「よみがえ る の」の部分が省略されていて、翌朝のおせちを落ち込みながら食べた記憶がある。紅白でポリリズムを知った年配の方々よ、あれでポリリズムの評価を決めないでくれよと願わずにはおれなかった。こういうことがあるので、テレビの歌番組で好きな歌手が好きな曲を披露するときはいつも「いい部分よ、省略されるな」と祈りながら見ている。

これを書いている今も、頭の中で「ヒビスクス」は流れっぱなしになっている。この「頭の中で曲を流す感じ」は、人によって得手不得手があるらしい。何人かの人に聞く限り、僕は比較的得意なほうだ。頭の中で曲を流すのが得意な人にはありがちなことかもしれないが、小さい頃、イヤホンをして歩いている人を不思議に思っていた。頭の中で曲を流せるのに、なんでわざわざ機器を使うんだ、しかもわざわざお金を払って、と。年を経ればその行為もある程度理解できるようになったけど、やはり今も、音楽を聴きながら自転車に乗ってる人を見ると、かつての不思議さが再来する。自分や他人を危険にさらしてまで音楽を耳から入れないといけないということは、あの人たちは頭の中で曲を流すのが極度に苦手な人たちなんだろうか。

頭の中で曲を流すのが得意なおかげで、CD数十枚分のお金が浮いたかと思うと、得をした気分になる。反面、脳内再生は停止が難しく、今日のようにひたすら流れっぱなしになって、1日の集中力を奪ってしまうことがあるのでツラい部分もある。

ドラゴンボールの「カカロット」という名前についての考察

ドラゴンボールにおいて、昨日は「ブルマ」という名前の必然性について考えた。

ドラゴンボールの「ブルマ」という名前の必然性 - 雑記

今回は主人公の本名「カカロット」について考察する。

まず、基本的なこととして「カカロット」は野菜の「キャロット(人参)」をモジったものだと考えられる(異論はないはず)。

ここで疑問が生じる。「なぜ人参?」ということだ。もちろんほかのキャラクターについても、なぜその料理・飲み物・野菜を名前にしたのかという疑問は必ずついてまわるが、この「カカロット」に関しては主人公の名前ということで、ナントナクテキトウに名付けたとは考えづらく、何か必然的な思考の流れがあったのではないかと期待される。

そこで、以下のように考察した。

※ただしここでは、「サイヤ人(野菜に由来)」という命名は「カカロット」の命名より前にすでに行われたものと仮定している。つまり「なぜ野菜か」という点は考察に加えていない。

まず、主人公の孫悟空サイヤ人であるから、サイヤ人名としては野菜から名付けるのが自然だ。では、どの野菜がいいか。ここで、ベジータが悟空との初対戦時に言った次のセリフがヒントになる。

くっくっく……喜ぶがいい

きさまのような下級戦士が超エリートに遊んでもらえるんだからな……

そう、悟空は「下級戦士」だ。つまり、下級戦士→下級のサイヤ人→下級の野菜→下のほうの野菜→根の野菜となり、根菜の名前とすることにしたのではないだろうか。実際、兄は「ラディッツ(根菜のラディッシュに由来)」、父親は「バーダック(ゴボウに由来)」と、根菜の家系となっている。ちょうど「ブルマ」を「履かせるもの」というカテゴリーから選んで決めたように、「カカロット」も「根菜類」というカテゴリーから選ばれたのだと考えることができる。

ここまで認めれば、問いの形はこうなる。「根菜の中でも、なぜ人参が選ばれたのか」

これは恐らくだが、孫悟空の道着の色から連想したのだと考えられる。孫悟空の道着は亀仙人からもらったもので、鮮やかなヤマブキ色が特徴的だ。また、孫悟空は大事な場面でいつもこの道着を着ている。孫悟空の色は?と聞かれた人は、だいたいこの道着の色を答えるだろう。

したがって、ヤマブキ色の根菜→人参→キャロット→カカロット、ということになる。「キャロット→カカロット」の部分については、それこそナントナクテキトウにそうした可能性も高いが、あえて理由付けするなら、小学校低学年の少年層にも馴染みやすいように「キャ」という拗音を避けたとか、育ての親の孫悟飯(ごはん)の影響も受けていることを「おかか(ごはんによく合う)」の響きを持たせることで醸し出しているとか、そういうこともあるかもしれない。この点についてはまだまだ想像の余地があるので、引き続き頭の隅で考えておきたい。

ドラゴンボールの「ブルマ」という名前の必然性

ドラゴンボールのヒロインの名前がなぜ「ブルマ」なのか。主人公はモチーフそのままの「孫悟空」なのに、一体なぜ。しかも、作中の主要な登場人物としては2人目である。2人目がブルマ。パーマンの、1号は人間なのに2号でもう"猿"、というのに近い衝撃がある。この一見不可解なネーミングには、おそらく以下のような経緯があったと考えられる。

まず、主人公は未開の山奥に住んでいる。したがって、そこで出会う他人といえば、相応のタフな肉体をもっているか、もしくは相応の高度なテクノロジーをもっている必要がある。

タフなやつだと主人公と被るため、テクノロジー系のキャラクターが妥当。また、少年向けの漫画としては、男と男で旅をさせるよりも、男と女で旅をさせるほうが好ましい。

よって、2人目の登場人物像は「ハイテクなヒロイン」となり、それは「研究者の娘」という設定にするのが自然だろう。ここまで来ればあとは簡単。研究者→博士→履かせ→履かせるもの、というモジリをくぐらせて、研究者はおじさんなのでブリーフ、その娘は女の子なのでブルマとなる(パンツやパンティーだと少年誌としては露骨だし何より安易であるから、少なくとも連載開始直後は避けておくのが無難)。

以上のことから、ドラゴンボールのヒロインの名前が「ブルマ」であるのは、何も奇をてらったわけではなく、ごく真っ当で必然的な成り行きによるものだったと考えられる。


※指摘があったので追記します。

「ブリーフ博士、タイツ、トランクスといった下着の名前の家族だからブルマなんでしょ」というのは、ネーミングの説明とはなりません。なぜなら「そもそもなぜ下着の名前の家族なのか」という疑問が残るからです。(なお、この疑問は記事の説明により解消されているはずです)

善良の詞

あ、どうもどうも。ええ。はい。はあ。え?  先週ですか?  へええ! そっかあ! 知らない知らない! 初めて聞きましたよ! え、ちなみにそれって那覇"から"ですかそれとも…… あっ…… あっ、そうなんですね。いえいえ、それにしてもすごいですよ、うん。

 

 

いいですねえ。

 

 

おお、肥後さんいらした!  こっちですこっち。うわあ~、肥後さんだあ~。ほんと、今日はどうも"遠く"から。ははは。ああ、なんか言ってましたねえ肥後さん、ん?  あ、それが昨日上げてたやつだったんですね。いやちょうどさっきも政田さんがね。どこだっけあれ、政田さん言ってた。政田さん。うん。あ、三島でしたか。違ったみたい(笑)

 

 

でも、いいですねえ。

 

 

お二人って今日、初めてでしたっけ。そっか。意外ですよねなんか。意外っていうかなんか、うーん! "ついに"って感じでね!  意外と合いそうじゃないですか? 意外と! 陰と陽って感じで。そう、中国の、ね、この、陰陽道の。うん、ほら、なんかもう馴染んでますもんね。そんなことないですか!  それは失礼しました。

 

 

いやあ、いいですね。

 

 

あ、そろそろ行きますか。まだあともう1人来るんですけど。そうなんですよ。さっきあの"LINE"が来てて。場所なんかはもう伝えてあるんで。まあ今はスマホで何でも、ね。大丈夫でしょう。こちらです。こちらまーっすぐ行くかたちで。そう、ひたすらまーっすぐ。そう、だから最初から現地でってことでも良かったといえば良かったんですけど。あ!  来た!  堂さん! もう行こうと思ってたとこ! うんだって10分って言うんだもん! あら、もう15分たってますね(笑)

 

 

遅刻じゃないですか(笑)

 

 

 

反省の詞

廃CDの束に糸を通し、それをまた無数に束ねることで作られた吊り橋があるのだが、何十年経っても朽ちる気配がない。人間でそれを渡った者はいないからだ。思えばあれを渡ればよかった。

急行が止まらない駅の裏手に強い酸性の泉があり、遺体を投げ込めば跡形もなく処理できるので重宝されているのだが、それ以外の用途に使われる見込みはない。もう少し、ゼリーなどを作ったりしてみてもよかったんじゃないかと思うが、もう遅い。

ゴルフボールをミキサーにかけてもよい機会などあれ以来一度も訪れなかった。あるいはあのとき耳栓さえあれば。耳栓さえあればという発想されあれば。

四方を鈴に囲まれた空間を進むアトラクションの、"フォレスト・アンド・ストーン"のコースで、木の根に沿って配置された鈴に足を滑らして転倒し、付近の鈴を十粒近く飲み込んでしまったのだが、救急隊が駆け付けるまでの数分間、ただ安静にしているのは勿体なかった。もっと動きまくるべきだった。