読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フェイスブックの友達に誕生日おめでとうを送れない

今日は誰々の誕生日ですという通知がフェイスブックから来ると、頭の中でこんな検討が行われる。

友達に誕生日おめでとうのメッセージを送る。友達からありがとうの返事がくる。そのやり取りをほかの人たちが見る。僕が誕生日をスルーしてきた人たちも見る。その人たちは、僕の中に誕生日を祝う人/祝わない人の区別があることを悟る。その人たちは、自分が「祝われない側」にカテゴライズされていることに(傷付くとか不快とまではいかずとも)ちょっとした負の感情を覚える。人様にちょっとでも負の感情を抱かせるのは良くないよな。よし、誕生日おめでとうのメッセージを送るのは控えよう。

いや、ほかの人たちに見られないよう、個別のメッセージ機能を使って送ればいいのでは? そうすればほかの人たちをむやみにネガティブな気分にさせることはないんじゃないか? ……いやいや、そもそも誕生日の人は忙しい。いろんな人からお祝いのメッセージが届いて、「ありがと~!」だけの返信にならないよう、祝い主との関係性にひもづく気の利いた出来事を、記憶の中からどうにか引っ張り出そうと苦心しているはずだ。まして、最近の具体的な関係性に乏しい僕とかからのお祝いとなると、もはや嬉しさも何も感じないくらい困らせてしまうかもしれない。やっぱ、誕生日おめでとうのメッセージを送るのは控えておこう。

こうして、メッセージを送ることなく、心の中でオメデトをつぶやき、その日はなるべくフェイスブックにログインしないよう気を払う("気づいてるはずなのにくれない感"を少しでも減らすため)。

広告を非表示にする