読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017-4-30 クルミドコーヒー朝モヤ(哲学カフェ)メモ

朝モヤというのは、西国分寺駅近くのカフェ「クルミドコーヒー」で行われる哲学カフェの通称。哲学カフェというのは、哲学的なテーマについて複数人で話し合う対話形式の会合のこと。深遠で専門的なテーマを設定する哲学カフェもありますが、クルミドコーヒーの場合は哲学と呼ぶのに抵抗のあるような卑近なテーマが多く、敷居は低いです。専門知識は不要で、ふだん関わりのない他人と、評価や利害関係を気にせず、直接的な生産性のない話ができる場、というものに魅力を感じる人であれば楽しめる場だと思います。

https://ameblo.jp/kurumed/entry-12252638048.html?frm=theme

 

朝モヤはだいたい月に2回のペースで開催される。テーマは当日に集まったメンバーで決めるというシステムをとっていて、2時間のうち最初の1時間はテーマ決めに使われる。決める手順はシンプルに

① テーマを挙手で提案する

② 集まった案から話し合いでテーマを決める

という具合。②は口頭で「〜に1票」などと推薦する形をとるものの、多数決というわけではなく、なんとなくの空気で決まる。

 

今日は以下のようなテーマが候補に挙がった。(ちなみにテーマには「問いの形をとる」というルールが設けられている)

・あなたの幸せは何ですか

・人に忠告するのは良いことか

・人はどうして自分の言うことは正しいと思えるのか

・どうやったら賢く謝れるのか

・最近何にときめきましたか

・世代の溝は埋められるだろうか

・自分に災難や災害があったときに何ができるだろうか

・苦労は買ってでもしたほうがいいのか

・なぜ人は人をカテゴライズしたがるのか

・からだを壊さないとマインドフルネス(などの精神的な境地)にたどり着けないのか

・あなたは自分自身を(あるいは社会を)良くするために心掛けていることはありますか

・生きている実感はどこにあるのか

・未来はすでに決まっているのか

・完全にバカになる時間はありますか

・どうしたら完全にバカになれるのか

・恋愛は打算なのか

・心を閉ざしている人とどうしたら対話できるか

・なぜ寿命には「寿」という漢字がつくのか

・ユーモアのある人ってどういう人だろう


以上19テーマ。

実際に選ばれたのは

・完全にバカになれる時間はありますか

またそこから派生して

・どうしたら完全にバカになれるのか

・バカってなんだろう

というテーマ。

内容については別途記事を立ててメモる予定。 

広告を非表示にする